口コミと評判はあてにならない!?ワンドリアは関節痛や老化・肥満・健康をケア

犬の関節痛について調べていたところ、こんな記事を見つけました。

 

犬の関節炎の症状と原因!治療の近道はサプリメントに食事、運動

丈夫な犬の関節も炎症を起こす場合があります。散歩のときは愛犬の歩き方を確認する週間をつけましょう。

犬の関節炎の症状

外瘍がないのに歩き方がおかしくなります。左右の足のバランスがとれなかったり、足を引きずったり、地面から足を上げたりします。痛みやはれが伴うときには、散歩などの運動を嫌がったり、体を触られるのを嫌がるようになります。

室内で飼っている犬なら、ソファなどに飛び上がれなくなって変だなと気づき、レントゲンを撮ると実は関節炎だったというケースもありがちです。

関節炎の原因

生まれつき関節に異常がある先天性のものと、激しい運動や老化、肥満などによる後天性のものの2種類に分かれます。

先天性の関節炎はもともと骨が変形していたり、関節がずれているので、手術しなければ根治が困難な場合もあります。

後天性の場合は、運動などで刺激を受けた関節がすり減って炎症が起こります。また、高齢や肥満によって関節に負担がかかるケースも見られます。

関節炎になった場合の動物病院の一般的な治療方法

触診やX線検査を行なって、診断します。症状に応じて抗炎症剤や痛み止めを与え、運動を制限して様子を見ます。内科的治療による効果が出ない場合は手術をして、関節を正常な形に整えます。

関節炎の自宅でのケアや治療方法

関節に負担がかからないように運動制限するのは症状を抑えるためには有効ですが、かえって脚力が弱り、発症しやすくなる場合もあります。可能な限り、適度な運動は続けるべきです。

先天的な関節炎の犬であっても、筋力をつけることが必要です。日頃から運動させて、筋肉を鍛えておかなければ、ますます動けなくなってしまい、歩行も困難になりかねません。無理のない程度に、散歩をさせてあげてください。

患部を温めることも重要です。気になる部分に毛布をかけたり、マッサージするのもいいでしょう。足の先の方から、手のひらを使って、やさしくもんであげましょう。血行がよくなり、病状の改善にも役立ちます。

なお、先天的に関節がはずれやすい犬には自分で抜けた骨を治してしまう習慣性の脱臼になっているケースもありす。飼い主さんは心配でしょうが、それはそれで普通の生活を送れる場合が多いということも知っておいてもらいたいと思います。

また、アジリティで関節炎になっても、症状が落ち着きしだい再開する方も多いようです。
その場合は、人間と同じように患部を保護しながら続けることになるでしょう。ただ、そうするからにはこの先、愛犬が歩けなくなってもいいくらいの覚悟があるかが問われているということを忘れないでください。

関節炎に効く効果的な栄養素

たんぱく質

体を作るための基本となる栄養素。関節炎を改善するには、まず必須アミノ酸をバランスよく含んだ動物性たんぱく質を摂取して筋力をつけましょう。

コンドロイチン

ネバネバした食品に多く含まれる成分。軟骨のクッション作用に重要な役割を果たし、関節が円滑に働くのをサポートします。グルコサミンと一緒にとれば、より効力が発揮されます。

グルコサミン

細胞や組織を結合したり、軟骨を生成するために必要な成分です。傷ついて、すり減った軟骨の修復を促します。

関節炎に効く食事による改善方法

筋力をつけるためにも、毎日の食事に良質なたんぱく質を積極的に取り入れてください。炎症が起こっているところには活性酸素が発生している場合が多く、それを除去する抗酸化物質も欠かせません。手作り食で、トータルに愛犬の関節をサポートしましょう。

また、コンドロイチンとグルコサミンを合わせて摂取すると、骨を保護してクッションの役割を果たす軟骨の合成が促進
されることは広く知られています。ただ、どちらも食事だけでは摂取しづらい栄養素なので、市販のサプリメントなどを利用するといいでしょう。

 

 

 

さらにこんな記事も見つけました。

 

犬の関節炎の治療

犬の関節炎の治療は通常「外科手術」と 「医療」のいずれかのオプションを採用します。 時には最高の結果を得るために、両方のオプションを採用することもあります。
このページは、犬の関節炎の治療の「医療」のオプションに焦点を当てています。
「医療」とは、犬の変形性関節症を治療するために薬を使用するだけではなく、次のつの要素を含みます:
痛みや炎症の緩和のために鎮痛薬および・またはハーブのような自然療法を使用します。
関節を強化するための栄養サプリメントを使用します。
関節を柔軟に保つと筋萎縮を防止するため適切な運動を利用します。
関節の動き、強度、および動き範囲を拡大するために物理的なリハビリテーションを使用します。
犬の体重を管理とコントロールします。
犬の変形性関節症は治りません。しかし、以上の5つのアプローチを利用すれば、関節炎の状態を改善することができ、 犬はより快適な生活を送ることが可能になります。

投薬

犬の変形性関節症の薬は関節痛を制御し、炎症を軽減する鎮痛剤が含まれています。使用される最も一般的な従来の鎮痛薬は、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)です。 時にはステロイドや麻薬のようなより強力な薬を使用するかもしれません。
痛みのコントロールに加えて、軟骨の破壊を防止することにより、変形性関節症の悪化を遅らせる「軟骨保護剤」と呼ばれるいくつかの薬がさらに使用できます。 初期段階の変形性関節症に対して、これらの軟骨·保護剤はよく効きます。ある軟骨保護剤はグルコサミンと同様である多硫酸グリコサミノグリカン(Adequan)と呼ばれる注射化合物です。

しかし、これらの鎮痛薬はいくつかの副作用を引き起こします。 ハーブ、アロマ、鍼などの自然療法は、鎮痛薬より、安全でしかも効果があるので鎮痛薬を与える前に自然療法を考えて みてください。
関節痛のような痛みを緩和できる鎮痛ハーブ・エッセンシャルオイルがいくつがあります:
ナツシロギク: ナツシロギクは、抗炎症であり、片頭痛や関節炎患者のための最も一般的に使用されるハーブの一つです。ナツシロギクのチンキを 使用できます。犬の体重10キロ当たり、1日2回12滴のチンキを犬に与えてください。
甘草:甘草は、体の免疫力を損なうことなく、痛みを和らげることができる効果的な抗炎症薬です。痛みを軽減し、関節から生じる関節腫脹を軽減するために、 甘草のオイル注入は患部に局所的に使用することができます。
カイエンヌ: このハーブの化合物(カプサイシン)は、痛みをブロックし、循環を増加させる能力を持っています。このハーブのクリームや軟膏は、 関節炎の痛みの治療のために最も頻繁に使用される局所治療の一つです。
ウコン:この料理のハーブの抗炎症作用はコルチゾンに匹敵すると言われています。ウコンは関節炎の治療に有効で、また、安全に栄養サプリメントとして犬に 与えられます。(乾燥したウコンを犬の食べ物の上に振りかけてください。)
エッセンシャルオイル: ラベンダー、ペパーミント、シナモン、ローズ、ローズマリー、ジンジャー、ユーカリのエッセンシャルオイルは、痛みの治療薬として 使用できます。
30mlのオリーブオイルやスイートアーモンドオイルのようなキャリアオイルに、上記のエッセンシャルオイルのいずれかを10-12滴を入れよく振ってください。この油混合物は犬のための マッサージオイルとして使用できます。

栄養サプリメント

栄養サプリメントは非常に一般的に犬の関節炎の相補的な治療薬として使用されています。これらのサプリメントは非薬物で、天然物質が含まれていて、抗炎症作用と抗酸化作用を持って います。
犬の変形性関節症を治療するために使用される最も一般的なサプリメントは、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、 MSM、 オメガ3脂肪酸、ビタミンCなどです。

運動

運動不足、あるいは、過剰な運動は変形性関節症を悪化しますが、適当な運動種類と運動量が大幅に症状を改善することができます。運動は、次のような方法で関節炎の犬を助けることが できます:
体重管理;
筋肉の強化;
関節可動域(ROM-Range of Motion)の改善;
生活の質の改善。

 

関節炎の犬に対してよい運動は、次のとおりです:

水泳:水泳は関節炎のために最適な運動です。軟骨に対する影響を緩和し、また、筋肉量と関節可動域を向上させます。

ウォーキング:散歩も変形性関節症の犬のために非常に有用な運動です。柔らかい表面(例えば、芝生など)は、軟骨に優しいのです。関節可動域を 増加させるために高い雑草が生えるところで犬に散歩させるのがいいです。 また、筋肉を強化するためにゆっくりと丘を登るのもお勧めです。
避けるべき運動は、 走る(特に硬い表面上)、フェッチ、跳ぶ、レスリングなどです。これらの運動は、突然の回転、ねじれ、そして止まることによって、犬の関節周囲の瘢痕組織を 拡大または引き裂くことになります。

 

リハビリ

理学療法の形でリハビリが大幅に関節炎の犬の生活の質を向上させることができます。リハビリは痛みを和らげ、モビリティを向上させ、機能を復元するため、犬の永久的な身体障害を 防止または制限することができます。
理学療法は非常に簡単なテクニック(例えば、マッサージ)から、機器を使用するなど、かなり異なります。
リハビリは3つの主要な目的があります:
筋肉強化する:筋肉トレーニングによって強化した筋肉は、関節の安定性を向上させ、筋萎縮を防ぐことができます。
筋肉の持久力を向上する:水泳やウォーキングなどの持久運動は、筋肉に与えるストレスが低く、関節炎の犬は徐々に通常の運動レベルに戻すことができます。
関節可動域を拡大する:関節炎は、関節の硬さを引き起こすので、犬は階段を登るようなさまざまな活動が難しく感じています。リハビリは犬の正常な動き を取り戻し、関節の硬さと痛みを少なくすることができます。
リハビリの種類は、「受動」(犬は何もする必要はありません)または 「アクティブ」(犬が活動をする)の2つ種類があります。
受動的なリハビリの例としては、ストレッチやマッサージ療法、、冷・熱治療、電気刺激療法が含まれています。
アクティブなリハビリは、通常運動療法の形で、水中療法、歩行訓練が含まれています。

体重管理

肥満は、変形性関節症の症状を悪化する主な要因です。
犬の重量が増加すると、軟骨、骨、軟部組織に加わる力も大きくなります。体重を減らすと、関節にかかる力を減少させることができます。
愛犬が関節炎にかかっていて、肥満である場合、獣医と相談して犬のための減量プログラムを作って見ましょう。

 

 

 

関節炎は苦しそうでつらいですね。

飼い主なら、愛犬によりそって和らげてあげましょう!

 

 

コメントを残す