口コミと評判はあてにならない!?犬の水素サプリ【ビオワンファイン】皮膚トラブルに

 

さらにこんな情報もありますよ。

 

犬の皮膚病について

犬の皮膚病で元気の無い子

犬の皮膚病は、動物病院に来院するもっとも多い病気です。それだけ犬にとっては身近な病気なのですが、皮膚病には様々な原因があり、それによって様々な症状を引き起こします。例えば、皮膚は摂取した栄養の実に30%を消費する体で最大の臓器ですから、その分栄養の過不足による影響が非常に強く出てきます。それ以外にもアレルギーやホルモンなど様々な病気などでも皮膚に症状を認められるようになります。
ここで一つ厄介な問題があります。それは一つの病気が複数の皮膚症状を示すこともあれば、同じ症状を複数の病気が示すこともあり、簡単な症状からは原因の病気を突き止めるのは非常に難しいのです。ですので、皮膚病の診断はその症状の経過だけでなく、様々な検査と組み合わせて行うことが大切です。しかし、その難しい診断の第一歩も、まずは症状を正しく認識することから始まります。
以下、代表的な皮膚の症状について、お伝えします。

犬の皮膚病で表れる症状と考えられる病気

かゆがる・体を掻く

 

細菌性皮膚炎

細菌性皮膚炎は、皮膚に細菌が感染し、炎症を起こすことで、かゆみや発赤、発疹を引き起こす病気です。ひどくなると化膿することもあります。この皮膚炎で感染する細菌は、そのほとんどが皮膚の常在菌、すなわち普段から皮膚に存在している細菌です。普段は犬にとって無害な細菌が、なんらかの原因で皮膚のバリア機能が破綻すると、一気に皮膚で増殖してしまい、その結果増えた細菌がかゆみを引き起こしてしまうのです。通常の細菌性皮膚炎は、抗生物質を投与することで改善させることが可能です。しかし、アレルギー性皮膚炎などの基礎疾患がある場合は、その基礎疾患を管理しないと、なかなか細菌性皮膚炎も完治しないことが多いです。

真菌性皮膚炎

真菌性皮膚炎はいわゆる「カビ」の感染による皮膚炎です。通常、皮膚のバリア機能が正常であれば、カビの感染を抑える力があるのですが、なんらかの原因でバリア機能が破綻することで、容易にカビの感染が起こります。一度カビの感染が生じると、治療は数ヶ月単位で行われますので、根気よく治療していく必要があります。

ノミ寄生

その名の通り、ノミの寄生により、かゆみや発疹を引き起こす皮膚炎です。ノミは皮膚炎を引き起こすだけでなく、犬の皮膚から吸血する際に病原体を感染させることがあるので注意が必要です。また伝染力が非常に強く、ほかの犬や猫、あるいは人間にも寄生しますので注意が必要です。ノミ寄生が疑われる場合、犬の皮膚からノミを発見することで診断できますが、ノミが見つからなくても、ノミの糞が大量に見られることで診断がつくこともあります。今ではノミ寄生は予防薬で容易に感染を予防することができます。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、ハウスダストや牧草などの環境因子や食べ物による食物因子などが原因でかゆみや発赤、発疹を引き起こす皮膚病です。皮膚病が見られる場所は、目の周りや口周り、耳、足先、脇や腹部、お尻周りなどが多く、中には背中に病変が見られることがあります。アレルギー性皮膚炎は一般的に完治が難しく、様々な治療を組み合わせて管理していきます。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、皮膚に刺激作用のある物質に触れることで、かゆみは発赤、発疹を引き起こします。原因としては薬品、草花、シャンプーや化粧品などがあり、特にアレルギー性皮膚炎など皮膚の基礎疾患を持っているワンちゃんでは、より症状が強く出ることがあります。

疥癬症

ヒゼンダニというダニの寄生による皮膚炎です。疥癬は、皮膚病の中でも特にかゆみが強い皮膚病ですので、寄生されると、掻きすぎて皮膚の状態がさらに悪化してしまいます。また、伝染力も強く、他の犬にも容易に感染しますので注意が必要です。さらには人間にも寄生し、同じように強いかゆみを引き起こします。ただし人間に寄生しても繁殖はできないため、犬のヒゼンダニを駆虫できていれば、3~7日ほどで人間の症状も改善が見込まれますが、必ず皮膚科を受診するようにしてください。治療は特殊な駆虫剤を使用しますが、種類によってはコリーやシェルティに強い副作用を示すものもありますので、注意が必要です。

脂漏症

脂漏症は、いわゆる「ベタベタ肌」になってしまうものであり、皮脂の分泌異常によって引き起こされます。皮脂が過剰に分泌されると、空気に触れた脂は酸化してしまい、それが炎症を引き起こし、かゆみ、さらには二次的な細菌感染や発疹などが見られるようになります。皮脂の分泌は体質的なところもありますが、食事の影響もありますので、食事管理により、改善することがあります。また、シャンプー等スキンケア製品によってベタベタがひどくなることもありますので、セレクトには注意が必要です。

乾性脂漏症

いわゆるカサカサ肌のことで、主に細かなフケがたくさんみられ、かゆみを伴うこともあります。普段は何ともない犬でも、冬場にファンヒーターの前にずっといたりすると、乾性脂漏になりやすくなります。乾性脂漏は皮膚のバリア機能が低下している状態で、そこから二次的な細菌感染を起こすこともありますので、注意が必要です。乾性脂漏も体質的なものなので、スキンケア(保湿系)や食事で管理します。

毛包虫症

アカラス症、ニキビダニ症とも呼ばれる寄生虫感染症です。ただし毛包虫自体は、9割以上の犬に常在しているダニで、普段は犬に害を及ぼすことはありません。しかし、何らかの原因で犬の免疫力が低下すると、毛包虫が増殖し、さらに細菌感染が起こると強いかゆみを持った皮膚炎を引き起こします。治療は疥癬症と同じ駆虫剤を使用しますが、高齢犬やほかの基礎疾患がある犬の毛包虫の場合は、免疫力低下の原因となっている病気の治療も必要になります。

心因性皮膚炎

犬は精神的なストレスを受けると、それを解消するために体を舐めてしまうことが多くあります。中には過度に舐めてしまうことで皮膚炎が引き起こされ、さらにその皮膚炎によるかゆみで舐めてしまう、という悪循環に陥ることがありますので、場合によっては重症化することもあります。治療は皮膚炎を治療しながら、ストレスの原因を特定し、環境を改善させる必要があります。

膿が出ている

細菌性皮膚炎

症状1のところでも登場した細菌性皮膚炎です。「膿」は体内に侵入した細菌に対する免疫反応の結果生じるものです。ですので細菌感染が関係する皮膚炎では膿を持つことがあります。

外傷

皮膚が何らかの原因で傷つくと、そこに細菌が繁殖し感染症を引き起こします。感染した細菌を排除するため、体に免疫反応が起こり、その結果、膿が生じます。感染した細菌は適切な抗生物質で治療しますが、それと同時に外傷の治療も同時に行う必要があります。

赤くなっている、発疹がある

皮膚が赤くなるということは、すなわち皮膚に炎症が起きている証拠。つまりすべての皮膚炎で、皮膚は赤くなります。さらに炎症が起こると皮膚のバリア機能が低下し、そこに細菌感染などにより強い炎症が生じると発疹となります。動物病院に皮膚の炎症で来院される犬のうち、多くが下記の原因で引き起こされています。

細菌性皮膚炎
アレルギー性皮膚炎
真菌性皮膚炎

 

犬の皮膚病対策

これら犬の皮膚病の対策で最も重要なのが、わんちゃんの肌を清潔に保つことです。犬の皮膚は沢山の毛に覆われ守られていますが、お肌自体はとてもデリケート。日頃から清潔に保つことを心がけましょう。もちろん、お風呂(シャンプー)で清潔なお肌を保つことが効果的ですが、シャンプーをやり過ぎると刺激が強すぎ、わんちゃんの肌を逆に傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。
そこでおすすめしたいのが、適度なシャンプーに加え、化粧水などの肌ケア用品を使った対策です。

まとめ

犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄く、非常にデリケートです。また、たくさんの毛で覆われており、日頃のチェックが難しいものではありますが、皮膚は犬の健康状態を繁栄する非常に大切な臓器ですので、ブラッシングの際、シャンプーの際にこまめにしっかりとチェックすることをお勧めします。

こわいですよね。
普段から犬をよく観察して、注意したいところです。
 


 

コメントを残す