口コミと評判はあてにならない!?『馬肉自然づくり』

 

 

馬肉のドッグフードについて調べてみると、こんな記事を見つけました。

 

 

 

馬肉ドッグフードは健康的!でもアレルギーを起こすことはあるの?

栄養価、衛生面でとても評価が高い馬肉ドッグフード。ワンちゃんの健康を思うとぜひ食べてもらいたいところですが、気になるのは、本当に「ワンちゃんの体にいいことばかりなの?」というところではないでしょうか。

たとえば体に異変が起こりやすいワンちゃんであれば、馬肉ドッグフードを食べてアレルギーになるかも、と心配になってしまいますよね。ここでは馬肉ドッグフードのアレルギーになる可能性について解説します。

犬のアレルギー症状は2種類

人間同様、犬にもアレルギー症状はあります。人間のアレルギーは本当にさまざまな反応を指しますが、わかりやすいのはアトピーやじんましん、ぜんそくといったところでしょうか。軽症のものでいえば、花粉症などもあてはまりますね。

アレルギーとは、簡単に言えば「何かに対する過剰反応」のことです。では犬のアレルギー症状とはどんなものでしょうか。

犬には人間ほど種類があるわけではなく、大きく2つに分けられるといわれています。それが「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー」の2つです。

どちらもワンちゃんの体に異常を起こしてしまうのですが、具体的には身体をかいたり、抜け毛がひどくなったり、耳の内側や口の周りが赤くなったりといった症状が現れます。ひどい場合には下痢や嘔吐などを引き起こすこともあります。

アレルギーの原因は人間と同じ?

犬の「アトピー性皮膚炎」や「食物アレルギー」を起こす原因とはいったいどんなものなのでしょうか。これはほとんど、人間と変わらないといえるのかもしれません。

たとえばまわりの空気、ほこりやハウスダストなどが原因であることも珍しくはありません。

それ以外に注意しておきたいのが、普段食べている食事です。人も犬も食べたもので身体ができるのは同じこと。犬であればドッグフードに入っている添加物などが原因として考えられますね。

また牛肉、乳製品、小麦などはアレルギー反応を起こしやすい食材です。特に穀類はアレルギーになりやすいうえ、安価なドッグフードには多く使われていることがあります。

犬の体は穀類を消化しにくい性質もあるため、余計に体に負担をかけているのかもしれません。最近では穀物不使用をかかげたドッグフードもよく販売されていますね。

アレルギーの原因はさまざまにあり、どこに反応するかは犬によって変わるというわけです。

馬肉はアレルギーになりにくい

アレルギーの原因は犬によってさまざまです。では馬肉ドッグフードはどうでしょうか。

牛肉や豚肉などはアレルギーを起こす可能性が十分にありますが、馬肉はほかの食材に比べてアレルギーを起こす可能性が低いとされています。

また、馬肉ドッグフードは、馬肉以外の食材でもアレルギーに配慮していることが多く、アレルギーに対する安全性がとても高いんです。

つまり、アレルギーが気になるというワンちゃんにもおすすめしたいドッグフードなんですよ!

また、低カロリーであるにもかかわらず栄養満点! そしてうまみ成分がたっぷり入っているので、ワンちゃんの食いつきも良くなります。

健康状態が良くなりやすいので、アレルギーに対する抵抗力も高まりますよ!

まとめ

犬にとっても人間にとっても、アレルギー発症による体調の変化は危険なもの。できるだけ避けられるようにしたいところです。

現在販売されているドッグフードでもアレルギーが起こらないように工夫されたものが多数販売されていますが、なかでも馬肉のドッグフードは原因になる可能性が低く、アレルギー対策の食品としても優れています。

もちろん馬肉自然づくりも、アレルギーの原因はできるだけカットしています!

アレルギーの原因になりやすい小麦ではなく、大麦やハト麦、玄米などを使用。その他にもたくさんの食材を使っていますが、添加物、防腐剤、着色料、香料などは一切使用していません!

おいしくて体にもやさしい馬肉自然づくり。ぜひワンちゃんに食べさせて上げてくださいね!

 

 

 

 

アレルギーに気をつけたいところです。

 

 

さらに、こんな記事も見つけました。

馬肉は食用の他にドッグフードとしても使われています。別名「桜肉」とも呼ばれ、実はたいへん健康的な肉なのです。 馬肉は、低脂肪・低カロリー・高タンパク質で肉の中でも屈指のヘルシー食品です。
他にもビタミンA、そしてコレステロールのコントロールに有益な高度不飽和脂肪酸を豊富に含みます。
含まれる脂分は、魚と同じ不飽和脂肪酸なので、牛の脂のように口に残ることがなく、クセがないので食べやすく、総合しても肉の中でも最も優れているといえます。
馬肉はこのように栄養分が豊富な上、カロリーが低いので犬の食餌に最適なお肉ではないでしょうか!
同じ赤身肉でくらべると、馬肉100gのカロリーは110、牛肉316、豚肉157(単位はkcal)。
タンパク質は馬肉20.1、牛肉16.5、豚肉19.7(単位はg)と、高タンパクで低カロリーなのがわかります。
馬の誕生
馬の誕生は古く、北アメリカ大陸から発見された化石によると、約五千万年前のことだといわれます。
当時の馬は今よりかなり小型であったと思われます。
その時代から人間は馬肉を食べていたのでしょう。
それから時代が変わり、農耕や運搬などで人間と一緒に働くようになりました。
農耕や運搬に使われて死んでからは食用として食べてきたのです。
加藤清正が、最初に食べたような記載がありますが、それは間違いだと思います。
もっと大昔から馬肉は人間の食べ物とされてきたのでしょう。
それが今や犬の餌として広く伝わるようになりました。
最近のホームセンターに行くとペット関係の商品がたくさん売られています。
それもほとんどがドライフードで生の馬肉は販売されていません。
馬肉は常温で保存出来ないので仕方ないのですがもっと馬肉のことを知っていただいて大切な愛犬のために与えてあげて欲しいと思います。

 

 

 

馬肉だと太りにくいんですね。

 

 

 

コメントを残す